AirMac Extreme の新たな復活

幾年も、我が家のネットワークを支えて活躍し続けてくれていたAirMac Extremeが、とうとう使えなくなってしまいました。

使えなくなっても、カッコイイ筐体のAirMac Extremeを金属ゴミとして捨てることがどうしても出来なくて、二ヶ月が過ぎた現在、新たな機能を得て活躍してくれています。

それは、時計。

20171005a

掛け時計として、AirMac Extremeが生まれ変わったんです。

Appleの話題を中心に、気になるガジェット、インターネット、画像、動画等を紹介するブログ「Blog!NOBON+」を開設しているNOBONさんが、Apple tvの筐体を利用して製作した「Apple tv Clock」を参考にして作りました。

本来の機能は失っても、新たな機能として利用したくなるApple製品は、本当に素晴らしい魅力の製品とおもいます。

20171005b
基盤を取り除いてアルミフレームをくり抜き、掛け時計用ムーブメントを取付けました。

広告